topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアラのお話。 - 2010.07.19 Mon

前回の 『エルりんティーはいかが??』 ブログ再開記事に沢山メールをいただきありがとうございました。

1つ1つ有り難く読ませていただき、またこれからの励みになりました

これから不定期ながらも更新を続けていきたいと思っておりますので

よろしくお願いいたします。






・・・・・・・・。

久し振りのブログ更新で何から書けばいいのか 正直戸惑っている私です。

この2ヶ月間(正式には3ヶ月間になりますけど…) 本当に本当にいろんなことがありました。


生活も大分落ち着いてきたので ティーのパテラの経過などを心配していただいた方々に・・・

少しずつですが報告していきたいと思っております





まず最初に皆さんに伝えておかなければならないことがあります・・・・・・





「私がブログを休止した詳しい事情」のお話です。 



今日は 「私が1日1日を充実させたかった その理由」 について

お話をしたいと思いますので どうかお付き合いください。




********************************************








ティアラがパテラ(膝蓋骨脱臼)の手術をしたことは 殆どの皆さんがご存知だと思いますが

まずもう1度まとめて記録として残しておきたいので 今改めてこれまでの経過を書き残しておくことにします 

                         




生後5ヶ月頃の朝、突然体をブルブル震わせ背中を丸くすくめ 痛そうな様子を見せたティアラ。

スグにかかりつけの病院に行き 「パテラ(膝蓋骨脱臼)」 が分かりました。

(まだ骨の発育途中だった為 消炎剤服用やレーザー治療、リハビリを行いました)


その後、調子がよくなったのですが 約半年に1?2度位のペースでまた激しい痛みが出ていたティアラ。

その度に病院に行き消炎剤を飲ませ様子をみていました

私としてはできることならば手術は受けさせたくなかったから。


でもティアラの痛そうな姿を見る度に不安でとても辛かった・・・・・・。


そして昨年の10月頃・・・・これまでで1番の痛みがティアラを襲いました。
                 (痛みでうずくまり、歩くのも辛そうな程)


その時、3軒もの病院を回り診て頂きましたが どの病院でも答えは同じ。 

やはり痛みの原因は 『パテラ(膝蓋骨脱臼』 だと診断を受け

当時1歳10ヶ月だったティアラのこれからの犬生を考え、10月末にかかりつけの病院で手術を決断しました。






●2009年10月30日 【左脚膝蓋骨脱臼手術】●

思っていたよりも膝の状態が悪く骨の溝をを削る手術とスクリュー&ピンを入れて固定する手術が施されました



その後、術後の経過も順調かと思いきや・・・・歩行が不自然だったティアラ。

左脚がカクカクしていて歩き難そう。(汗)


先生曰く「左脚に入っている器具に違和感を感じているのかもしれない」とのこと・・・。

3ヶ月後に行われる右脚のパテラ(膝蓋骨脱臼)の手術まで様子をみることにしました。




●2010年2月1日 【右脚膝蓋骨脱臼手術&左脚器具除去手術】●

両脚手術の為、1回目の手術の時よりも快復が遅く感じました。(歩行がなかなか安定せず)

その後…術後約1ヶ月で 左脚膝蓋骨脱臼の再発が判明 。

レーザー治療とリハビリの為、毎日病院に通いました・・・・。



●2010年4月2日 【左脚膝蓋骨脱臼再手術】● (先生の好意で手術費用の負担はゼロ)

手術自体は成功したのに(膝はガッツリはまっているが)歩行が不自然なままなティアラ。

歩行時も左脚を浮かせたり外側に大きくまわすようにして歩き

先生も首を傾げていました。



その後もレーザー治療と屈伸リハビリの為週に2回通院していた事まではブログに記載していました…

3月?



そして・・・・ここからは皆さんに初めてお話しするティアラの経過になります。↓



その後も頑張ってリハビリに励んだものの・・・・

徐々にまた体全体の震えが出始め 頭を下げ腰を丸く屈め、歩くのも苦痛そうになったティアラ。><

歩行時やリラックスしている時に、足のパッド(特に左後足)が裏側のまま地面につく症状が見られる。

3月?






●4月20日頃から 歩行時に転倒することが度々起き
当初は1日に2?3回転んでいたティアラでしたが、次の日には10回、また次の日には20回・・・・
転んでもケロっとした顔で起き上がり めげずにまた歩き始めるティアラ。
食欲や元気はあるが、足元がおぼつかない様子。


●4月26日・・・段々と前脚にも力が入らなくなり四脚共に力が入っていない様子
御飯を食べる時、前屈みになると勝手に前脚がそれぞれ左右に広がり体を支えられずペタッと倒れる。


●4月30日・・・病院のツルツルした床では立てなくなってしまいました。
自宅のタイルカーペットの上では歩けるが スグにフラつき転倒。


●5月3日・・・休診日でしたが主治医が診察。この日も病院での起立不能。


↑ この経過の中、

主治医が 「脚ではなく、小脳か頚椎(首)に異常があるかもしれません。MRIを撮って検査しましょう!」 と判断。

内緒でセカンドオピニオンにも診察していただきましたが診断は同じく…

「このままでは命の危険もあります。一刻も早くMRIを受けてください」 とのことでした。


MRI4



MRIでの全身麻酔のリスクもありましたが (MRIの麻酔は手術時の麻酔よりも深くかけるので)

今は1日でも早くMRIを撮って原因を解明しティアラを救いたい・・・・・

その一心でGWが明けるのを待ちました。


MRI2

通常ならばお隣の県の大学病院でMRIを受けるのですが

GW明けと重なることもあり、スグには予約が取れるはずもありません。

ですが丁度 主治医の先生のお友達の病院(個人病院)がMRIの機器を持っているとのこと。

藁をも掴む思いで予約をお願いしました・・・・。

MRI3
( 上の3枚の写真はMRI前日の写真・・・ぐったり寝そべっているのがティアラです )



そして・・・やっと予約が取れ

5月8日福岡市内の病院でMRI検査(AM10:00~)。

検査当日の朝、とうとうティーは立ち上がることもできなくなっていました。 


…ぐったりしたティーを抱き、祈る思いでパパさんと一緒に急いでMRIのある病院(福岡市)へ車を走らせました。



病院に着き先生に今までの経過を話し、神経学的検査(机に脚を当てたりつねったりして反応をみる検査)。

その結果を見ても四脚麻痺の進行状態がハッキリと分かり…益々涙が止まりませんでした。


同意書にサインし、ぐったりした体のティーを先生に託し…

私達はただひたすらティーの無事を祈り待ち続けることしかできませんでした。



そして2時間半後・・・・出た結果は

「環軸椎脱臼」(かんじくつい脱臼) 

                                

MRIの先生:「・・・つまり首が脱臼している状態。
         この病気は通常1歳未満に発症することが多い病気。
         多分この子の場合、仔犬の頃から首の靭帯が緩く
         成長と共に靭帯が伸びきって脱臼を起こしたんだと思います。
         ハッキリ言って 『先天的』 だったということですね
         実際 こういう子は小型犬には結構多いんですよ・・・
         でもその中でも今のこの子の状態は・・・・
         辛いでしょうけど かなりの重症です。」




『環軸椎脱臼とは・・・』
犬の頚椎は7つの骨で形成されており、その中で頭部に1番近い骨を環椎といい、2番目を軸椎という。
頭部の回転運動をになっているその環椎(第1頚椎)と軸椎(第2頚椎)の癒合が
先天的な骨の奇形や骨折や靱帯の剥離などにより不完全な状態になることで発症します。
発症年齢1歳未満 ・初期症状として、首を触ると痛がります。
症状が進行すると体の知覚神経や四肢が麻痺を生じ、起立不能、
重度になると呼吸不全で突然死に陥ることもあります。


画像などで詳しく説明↓
「環軸椎不安定症サイトその1」
「環軸椎不安定症サイトその2」



MRIの画像も見せていただきましたが、最初は何処がどうなっているのか分からなかった私

そこで先生が他の子(正常な)MRI画像と並べて見せてくれました

見比べると・・・・・素人の私にもハッキリ違いが分かる程、ティーの首の画像は異常なまでに湾曲していました。

(後日、ネットで他の環軸椎脱臼のMRI画像を探し見ましたが 
  先生がおっしゃっていた通りどの画像と比べてもティーの湾曲の方が酷い状態でした)



ティーの場合外傷性ではないので 

きっと仔犬の頃からかなりの痛みはあったはずだと先生もおっしゃっていました。

今思い返せばエルりんに比べ首の位置が低く、仔犬の頃から抱っこが嫌いだったティアラ。

私も若干気になっていましたが 首の位置は骨格の違い

抱っこ嫌いなのは性格によるものだ と勝手に思い込んでいた自分が情けないです。

あの体の震えの原因も 今思えば膝の痛みからではなく 首の痛みからだったんだと思います。

(注:ティーがパテラだった事には間違いありません)


でもパテラの術後もずっと歩行に異常があったのは首の神経が圧迫されて麻痺が表れていたからだったんだ…

たまたまティーの場合は同時進行でパテラの病気もあった為に

環軸椎脱臼に気付くのが遅れてしまったんだと思います。

もっと早くに気付いてあげていれば…と思えば思う程、涙が溢れ止まりませんでした。




MRIの先生:「環椎と軸堆の間が激しく脱臼し、脊髄を圧迫して四脚に麻痺が起きている状態。
          これだけ圧迫されていると呼吸不全を起こして突然死することもあるので
          気をつけて様子をみてあげてくださいね。
          今、応急処置として首をやや斜め上に伸ばした状態でコルセットを作り付けたので
          このまま首を下に曲げないように固定を続けて絶対安静に!
          とにかく今は動かさないことが大事です。
          今後の事は主治医の先生と相談して・・・頑張って!」



説明を聞きながら頭の中が真っ白だった私。

そして奥から連れて来られたティーの首にはダンボールと綿とテープで作られた赤いコルセットが付いていました。

ぐったりしながらも 「ママ~!抱っこ~」と喜ぶティーを見て夫婦で号泣。





MRI1
↑ 帰宅後・・・パパさんに抱かれぐったり疲れた様子のティアラ・・・・




「ごめんね・・・・・今まで気付いてやれなくて・・・・。
            ティー、痛かったね、辛かったね・・・
                 これから何があろうと私達家族が守るから・・・・」                      



ここから ティーの頑張りが始まりました。




・・・・長くなったので次に続きます。



【追記】
私が今回こうやってティーの病気を公表しようと思えるようになるまでには
正直言っていろんな心の葛藤がありました。
一時は絶望的な心境になっていたこともたしかです。
でもそんな中、ずっとずっと私の心を支え続けてくれたのは家族と心友(しんゆう)達の存在でした。

ある時は泣きじゃくる私の話を聞き一途に励ましてくれたり、一緒に号泣してくれたり・・・
時には戸惑っている私の背中をそっと押してくれ新しい方向へ導いてくれたり・・・
ずっとティーの経過を気にかけてくれ、一緒に泣いて一緒に喜んだ毎日。
私の心の不安を少しでも和らげようと一生懸命サポートしてくれた友よ・・・・。


そんな 心友(しんゆう)達 にこの場を借りて伝えたい。


「本当に本当にありがとう。

     あなた達は私の一生の宝です!!」





そして今・・・・。

ティーの頑張りを皆さんにも見ていただきたい。

同じ環軸椎脱臼の病気と戦っているワンコ達の励みになればと思い

ブログを再開しようと心に決めました。






スポンサーサイト

娘の言葉。 «  | BLOG TOP |  » ご無沙汰しています^^

プロフィール

えるりんママ 

Author:えるりんママ 
<福岡県在住>

パパさん&私&息子(高1)&
娘(中3)の4人+③ワン暮らし。
またの名を『チームエルリンティー日和』


***********************************************



★「りん」 ♀ 2004年11月10日生まれ
8歳
職業:永遠のアイドル。(笑)
プライド高めな裏番長
1.3キロのおチビなヨーキー


★「エルフ」 ♂ 2005年2月3日生まれ
8歳
賢くて人間大好き、ワンコ嫌い
2.6キロ 庭警備命のチワワ


★「ティアラ」♀2007年12月3日生まれ 
4歳
首の病気(環軸椎脱臼)を抱えながらも日々前向きに明るく過ごした
1.6キロのミラクルっ仔なヨーキー
※平成24年10月16日、4歳10ヶ月で虹の橋を渡ってしまいました。


★「ひより」♀ 2011年8月23日生まれ 
2歳
好奇心旺盛なのに超ビビりなトイプードル(1.8キロ)




*****************************************

エルりんティーは いくつになったの?

*script by KT*

※捜しています!!!

●熊本でヨーキーを捜しています→絹ママさんのブログ ●福岡でヨーキー&マルチーズを捜しています→ 『パピーのもこちゃん』 ●神奈川県で迷子犬バンビちゃんを捜しています→ バンビちゃんの件

リアルタイムカウンター

現在の閲覧者数:

週間カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

☆わんこブログの方のみリンクフリーです☆

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。